ロゲインの副作用

ロゲインは比較的副作用の少ないAGA外用薬といわれていますが、全く副作用が無いわけではありません。

ロゲインを使用した人の中で最も多い副作用の症状とされているのが、ロゲインを塗布した頭皮のかゆみです。
ロゲインの有効成分であるミノキシジルには血行促進の作用があるため、血流が良くなりかゆみをもたらしている可能性、もしくはアレルギー反応によるかゆみの可能性など、原因ははっきりとは判明していません。少しかゆい程度だから大丈夫と思わずに、ロゲインを使用して頭皮にかゆみが出た場合は、ロゲインの使用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。かゆみがある状態のままロゲインを使用し続けると、頭皮がさらに炎症を起こし、発毛自体にも悪影響が出る可能性もあります。

そして次に多いと言われる副作用の症状は、頭皮の発疹やかぶれです。
ロゲインを塗布後に、頭皮が少し熱いような感覚があったり、頭部にほてりを感じた場合も、ロゲインの使用を中止してください。これはお酒がすごく弱いというような人や、アルコールやエタノールにアレルギー反応を起こす人に出やすい副作用なので、気になる人は事前にパッチテスト等で耐性を確認しておいた方がいいかもしれません。

ロゲインの有効成分ミノキシジルはもともと高血圧の人の血圧を下げるために開発された成分のため、ロゲインを使用することで低血圧になる人もいるそうです。もともと血圧が低いという人や心臓や腎臓に持病や疾患がある方は、クリニック等の医師の診察の下、ロゲインが使用可能か判断を仰いでください。

これらに加えて、ほんのごく一部のロゲイン使用者に以下のような副作用があらわれたという報告もあったそうです。
・塗布部分のニキビ
・頭痛
・性的不能、性欲減退
・不整脈、動悸
・手、足、顔などのしびれ

など