一般医薬品

日本国内ではミノキシジル配合の医薬品を、一般的な薬局で購入可能な「一般医薬品」として厚生労働省が認可しています。ただ原則的には薬剤師のいる薬局薬店でのみ購入できる第一類医薬品に分類されているため、コンビニ等で気軽に買えるというわけではありません。

しかし医師の処方箋が必須となる医療用医薬品よりは手軽に手に入れることができるので、日本国内ではさまざまなミノキシジル医薬品が販売されています。中でもパイオニア的存在なのが、大正製薬が1999年に発売を開始した「リアップ」です。これはミノキシジルが1%配合と、ロゲイン等と比べると濃度が低いですが、効果的な有効成分を配合した医薬品が薬局で簡単に買えるというのは非常に画期的でした。

リアップの特許が終了したことで、現在ではミノキシジルを有効成分とした、いわばリアップのジェネリックが複数発売されています。どの医薬品も基本的には同じ効果・作用であり、使用方法もほぼ同じです。

日本国内での購入が簡単とはいえ、価格的にはロゲインの方が安いこともあり、国内のミノキシジル薬ではなく、わざわざ通販等でロゲインを購入するという人も少なくありません。

リアップ
スカルプD メディカルミノキ5
ミノアップ
リグロEX5