ロゲインの有効成分

ロゲインの有効成分はミノキシジルと呼ばれる、もともと高血圧患者のための血管拡張剤として開発された成分です。
この成分には副作用として脱毛症の改善や多毛などの症状があらわれたことから、薄毛治療の治療薬として販売されるようになり、外用発毛剤として1988年にアメリカのFDAから承認を受けています。

日本では、ミノキシジル自体は一般用医薬品として厚生労働省の認可が下りていますが、ミノキシジルを配合するロゲインの認可は下りていません。

どうしてミノキシジルに薄毛治療の効果があるのかはまだ完全には解明されていませんが、人間の発毛プロセスに影響を与えることは間違いありません。頭皮の中で髪の毛を作り、育てる部分「毛包」に直接ミノキシジルが働きかけることは解明されており、毛包の細胞を活性化し、小さくなった毛包を再度成長させる効果があるといわれています。この毛包が元気になれば、髪の毛も成長し、正しい発毛サイクルに戻ることで薄毛を改善することが可能です。

また、ミノキシジル自体が血管を拡張させる効果のある成分なので、使用することで頭皮の血管も広がって血流も促され、毛包にも栄養が届くため、髪の成長に効果が出るとも考えられています。